HOME入園案内 > よくある質問

よくある質問

Q1 まだオムツをしているのですが、だいじょうぶですか?
A1    だいじょうぶです。きっと入園する頃にはオムツはとれますよ。
子どもの成長は親の想像を超えて、それまでできなかったことがあっさりとできてしまうこともあるし、一度できたのに逆戻りすることも・・・。いずれにしてもお母さまが日々工夫をかさねてこそのものです。 あせってやらせても子どもにはプレッシャーになりうまくいきません。少しでも できたら褒めてお母さん自身もできた喜びを味わい“入園までにオムツを卒業!”と気合を入れて頑張りましょう。 つぼみちゃんの先生やお母さん仲間とメリハリをつけながら進めていきましょう。だいじょうぶです。
Q2 他の子にオモチャを貸せないのですが、友達とうまくやっていけるでしょうか?
A2    3歳のはじめ頃までは「世界の中心はボク・わたし!」といった時期ですから、オモチャを貸すなんてとんでもないことです。が入園する頃は、 ちょうどお友達を求める時期なので、他の子とのつきあい方を少しずつ学んでいくことになります。 「かして」「いいよ」のやりとりも先生が間に入って少しずつできるようになります。うまくやっていけますとも! 園生活は「共に生きること」を学ぶ場でもあります。
Q3 他の子をたたいたり、髪の毛をひっぱたり・・・どうしたらいいでしょう?
A3    心配な気持ち、お察しします。他の子にケガをさせやしまいかとヒヤヒヤしますよね。
 ところで生まれて数年で知らないこともいっぱいの子ども側に立って考えてみましょう。困ったり気に入らないと、とりあえず知っている方法で自分の気持ちを伝えようとするのではないでしょうか。 それがたたいたり、髪の毛をひっぱるという行動になるわけです。
 幼稚園では先生が子どもの気持ちを代弁したり、気持ちの伝え方を教えたりします。 子どもも少しずつ理解して、できるようになります。 幼稚園は子どもが人と出会う場であり、気持ちの伝え方を学ぶ場です。 ケンカもおそれず、少しずつ人との出会いを経験させ、時にはお母さまが気持ちを代弁し「(こんな時は)〇〇〇っていうのよ」と言葉の使い方を伝えていきましょう。
Q4 入園手続きをしても、主人が3月の辞令で転勤になってしまうかも・・・。
A4    転勤がある方は気が気じゃないですよね。幼稚園に通う間は転勤がなければ・・・と思うでしょうが、 そういう時ほど転勤があるというのは皮肉なものです。そして入園の手続きをどうしようと、いろいろと気をもむことになるでしょう。
 11月1日からの入園手続きは“入園の意思確認”なので願書を提出してください。その後、転勤が決まった場合には、その旨をお伝えくださればだいじょうぶです。
Q5 幼稚園バス(園バス)はないのですか?
A5    園バスは、ないのです。各ご家庭でマイカー・自転車・歩きなどで送り迎えしていただいております。 マイカー通園の方は、幼稚園が借りている駐車場を有料になりますが、ご利用いただけます。
 園バス通園は何より便利さがその良さですが、マイカー通園は毎日幼稚園に来るので様子がよくわかること・担任の先生やお母さん同士とじかにお話できること・登園時間にばらつきがないので友だちと一日ゆったり過ごせること等のよさがあり、 楽しくかつ贅沢な方法なのです。
Q6 親の活動が忙しいと聞いて、心配なのですが?
A6    活動を通して園生活を理解したり、他のお母さまと力を合わせて何かを創りあげることを大切に活動してきましたが、2020年度からはコロナ感染対策として
“できる人ができるときに”とボランティア方式で、 従来の方法を大幅に変えました。子どもを真ん中に幼稚園とお家の方が力を合わせて暖かい雰囲気を作り出せるようにすると、子どもたちはそれを喜んだり、お家の方の姿を誇らしく思ったりするものです。
Q7 私(母親)にべったりで、離れられるのでしょうか?
A7    お母さまはお子さんに離れてほしいのですか? もしそうなら離れられるでしょうし、“ずっと一緒に”と思っているのでしたら、離れるのはなかなか難しいでしょう。
 どちらが正しいという話ではなく、子どもは甘えたくもあり、「がんばろう」という気持ちもあります。 お母さんがその気持ちを見極めてご自身の気持ちを整理すれば、対応の仕方が見えてくるでしょう。
 子どもは「大きくなりたい」「お兄ちゃん・お姉ちゃんになりたい」と思って生きています。だから、お母さまから離れることはできます。親としては、ちょっぴりさびしくもありますが・・・。
Q8 幼稚園でケンカしたら、どのようにするのですか?
A8    まず、見守ります。ケンカはしちゃいけないものではなく、場合によってはしなくちゃならないもの。 なぜなら、考え方は一人ひとり違うので、対立は避けられないことだと思うからです。 そして、それぞれが思いを出し切ることは大切ですし、そうしながら気持ちが整理されて成長していくものです。
 一方、ケンカがエスカレートすると危険なこともあるので「ケンカはそこまで」とストップをかける時もあります。また、意見の対立は手を出すだけが解決手段ではなく、言葉というコミュニケーション手段があり、いろいろな解決方法があることも伝えていきます。
Q9 英語教育を取入れている幼稚園がありますが、英語教育はやらないのですか?
A9    やりません。とはいっても英語教育を否定しているのでありません。 家庭の方針として必要と思う方は、英語教室などに通うこともいいことだと思います。けれども幼稚園生活は、英語教育をするだけの時間的余裕がないのです。 幼稚園のなかで子どもたちに経験させたいことは山ほどあって、しかもそのひとつひとつをじっくり経験させていくと、どうしても英語教育をする時間までは作れないのですね。 限られた時間で、子ども時代に経験させたいことを精選すると、結果的に英語教育はできないというわけです。
Q10 アレルギーがあるので、園での食事が心配です。
A10    たまご・牛乳・小麦粉は乳幼児の3大アレルゲンと言われ、食事に気をつけながらの毎日なのでしょう、 アナフィラキシー反応が出る場合もありますから心配ですよね。当園ではお家の方が作るお弁当が基本ですから、他のお子さんの食べ物と混じらぬよう配慮したり、 週1回の給食も利用の有無が選択できますし、お家の方が作った料理と差し替える等の対応もいたします。 おやつもアレルゲンの有無を確認したり、生活クラブの食品を利用する等さまざまな配慮をしております。 詳しく聞取りをして間違いがないよう対応させていただきます。

上このページのトップへ戻る